ヨウ素(I)

必須ミネラルの1つで「ヨード」とも呼ばれています。
身近なところでは、温泉成分であったり、消毒薬として使われています。
幼児には成長促進に欠かせないホルモンの構成物質です。

髪や肌を美しく保ちます。

成長を促進し、新陳代謝を活発にする働きがあります。
また、たんぱく質の合成にも関わりますので、髪や肌を美しく保つため効果もあります。

動脈硬化を予防します。

血液中のコレステロール値を低下させ、血管を柔軟にするとともに血行を改善する効果があることから、動脈硬化の予防に期待されています。

ダイエットに効果があります。

新陳代謝を活発にする働きがあることから、脂肪燃焼を促進し、ダイエットにも効果があるといわれています。

ヨウ素の目標量を食品で摂る場合

ヨウ素の1日の推奨摂取量150μgを摂取するために必要な食品量を下表に示します。

昆布 約0.2g
わかめ(生) 約2g
焼き海苔 約2.5g
さば 約60g
ぶり 約80g
鶏肉 約300g
卵黄 約300g

欠乏症と過剰症

不足すると、甲状腺が肥大して甲状腺腫を引き起こしたり、成長障害や体力低下などが起こるとされています。


1日の上限量は3,000μg(マイクログラム)とされています。
過剰摂取は、甲状腺ホルモンの合成を妨げ、甲状腺腫を引き起こすとされています。

注意事項!

・サイト内の各数値や情報に関しては、転記ミスや内容が古い場合もありますので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。

・サイト内の栄養素の効能等は、伝承による情報も含まれており、その内容を保証するものではありませんので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。
また、栄養素としてのミネラルの記述をしており、サプリメント等の効果を保障するものでもありません。

・当サイトの内容によって生じたトラブル等については一切の責任は負えません。

Copyright (C) 2008 MineralsNavigation. All Rights Reserved.