銅(Cu)

銅の抗菌作用は、今では広く知られており、水や物を腐らせずに清潔に保つ力があります。
最近では、私たちの生活の中で様々な形で利用されおり、健康を保つ上で欠かせないミネラル分の1つと言われています。

抗酸化酵素の働きに役立ちます。

活性酸素を取り除く作用がある抗酸化酵素を助ける働きをします。

貧血の予防に必須です。

赤血球のヘモグロビンを作る時に鉄分が働きますが、銅には鉄分の吸収を良くする働きがあります。
不足すると鉄吸収が阻害されますので、貧血を引き起こす原因となります。

骨のミネラルです。

骨の形成を助けたり、骨の強化に役立つ事から「骨のミネラル」とも呼ばれます。

健康な肌を保ちます。

メラニン生成に関わる酵素チロシナーゼの補酵素として働くため、不足すると皮膚の脱色などの症状を引き起こすことがあります。
また、亜鉛と同様に肌の弾力を保つコラーゲンの形成にも関わっています。

銅の目標量を食品で摂る場合

銅の1日の推奨摂取量0.8mgを摂取するために必要な食品量を下表に示します。

干しえび 約16g
ほたるいか(くん製) 約7g
牛レバー(生) 約15g
ピュアココア 約20g
うなぎも(生) 約75g
アーモンド 約60g
ごま 約50g

欠乏症と過剰症

銅が不足すると、貧血や骨異常などが起こります。
また、成長の障害、色素沈着の減少、免疫機能の低下、コレステロールや糖代謝の異常などを引き起こす可能性があります。

1日の上限量は10mgとされています。
過剰に摂取した場合に、肝硬変や胃腸の不調などの報告がされています。

注意事項!

・サイト内の各数値や情報に関しては、転記ミスや内容が古い場合もありますので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。

・サイト内の栄養素の効能等は、伝承による情報も含まれており、その内容を保証するものではありませんので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。
また、栄養素としてのミネラルの記述をしており、サプリメント等の効果を保障するものでもありません。

・当サイトの内容によって生じたトラブル等については一切の責任は負えません。

Copyright (C) 2008 MineralsNavigation. All Rights Reserved.