マンガン(Mn)

体内に含まれている量は約10mgとごくわずかですが、体中のいたるところに存在し、生きていくために必要な様々な働きをしています。
また、抗酸化酵素の構成成分となり細胞膜を酸化から守る大事な役割があります。

骨の石灰化に役立ちます。

骨の形成には、カルシウムやリンだけでなく、多くの栄養素が関わっています。
骨の石灰化や、骨や関節を丈夫にする組織には、マンガンが補酵素となっている酵素が必要となります。
成長期には非常に大切なミネラルで、不足すると発育不全となります。

代謝のサポートを行います。

糖質、脂質、尿酸の代謝に働く酵素の構成成分であるマンガンは、タンパク質の合成やエネルギー作りに役立ちます。
また、血糖値をコントロールしているインスリンや性ホルモンが作るサポートもしています。

「愛情ミネラル」です。

別名「愛情ミネラル」と呼ばれ、不足すると、愛情志向の低下だけではなく、性機能や妊娠能力も低下するといわれています。
マンガンなしの餌でウサギを飼うと、子を生んでも育てないという実験結果があります。

マンガンを多く含む食品

1日の目安摂取量は成人男性は4mg、成人女性は3.5mgとされています。
食品100g当りにどの程度マンガンが含有されているのを下表に示します。

松の実 9.8mg
生姜 5mg
焼きのり 3.7mg
強力粉 4mg
くるみ 3.4mg
干しえび 3.9mg
モロヘイヤ 1.3mg

欠乏症と過剰症

不足により、骨格異常、糖質の代謝障害、脂質代謝異常、血液凝固異常などが起こる可能性があります。

1日の上限量成人男性は10mg、成人女性は11mgとされています。
健康な人が、通常の食生活でマンガンの過剰摂取が問題となることはありません。
マンガンの慢性中毒のほとんどが経気道吸収によるもので、中毒になると強い精神障害や中枢神経系障害、マンガン肺炎が起こります。

注意事項!

・サイト内の各数値や情報に関しては、転記ミスや内容が古い場合もありますので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。

・サイト内の栄養素の効能等は、伝承による情報も含まれており、その内容を保証するものではありませんので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。
また、栄養素としてのミネラルの記述をしており、サプリメント等の効果を保障するものでもありません。

・当サイトの内容によって生じたトラブル等については一切の責任は負えません。

Copyright (C) 2008 MineralsNavigation. All Rights Reserved.