レスベラトロールの効果を解説。

レスベラトロールは、英語で「resveratrol」と表すポリフェノールの1種です。

赤ブドウの果皮や赤ワインに含まれている成分で、「フランチパラドックス」のキー素材とされ現在でも研究が進められています。近年では、長寿遺伝子の活性化や、放射能の被害から体を守る効果に期待されています。

詳細なレスベラトロールの効果・効能については下記サイトをご参照下さい。
http://www.sup-search.com/レスベラトロール効果/

寿命を延ばす効果に期待されています。

レスベラトロールは、長寿の源である「サーチュイン遺伝子」の働きをONにすることで、代謝やエネルギー産生の恒常性を調節して老化を抑制し、様々な体の不具合を改善しますので、結果的に寿命が延びるとされています。

活性酸素を強力に抑制します。

レスベラトロールは非常に強力な抗酸化効果を持ち、活性酸素による過酸化脂質の生成を強力に抑制するだけではなく、SOD様活性により活性酸素の除去にも役立ちます。
最近では、放射線障害抑止効果に注目されていますが、アンチエイジング成分としても人気で化粧品にも配合されています。

ガン予防に期待されています。

1997年に科学雑誌「サイエンス」誌で抗ガン作用が報告されて以降、レスベラトロールの研究はさらに進められており、ガンの初発期(イニシエーション)、促進期(プロモーション)、悪性化(プログレッション)の3段階すべての抑制に期待されています。

レスベラトロールを食品で摂る場合

レスベラトロールは、赤ブドウの果皮や赤ワイン、ピーナッツなどに含まれています。

しかし、食品に含まれるレスベラトロールは微量であり、手軽にしっかり摂取できるようにサプリメントへの利用が増えています。

サプリメントで摂取する際には、原材料に注意する必要があります。
これは、日本での医薬品成分であるイタドリが、海外では一般的にレスベラトロールの原材料として使用されているためです。


欠乏症や過剰症、副作用

レスベラトロールは、殆どの植物に備わっているポリフェノールの1種ですので、不足しても欠乏症等は特にありません。

しかし、サーチュイン遺伝子を活性化させる効果や、体内の活性酸素を抑制・除去する効能を持つレスベラトロールは非常に重要な成分であるとされています。

レスベラトロールの1日あたりの摂取量や上限量は定められていません。

現在のところ、過剰症や医薬品との相互作用による副作用の報告はありませんが、理論的には、抗血小板薬や抗凝血薬との併用は、出血のリスクを高めると考えられています。

また、レスベラトロールは、イソフラボンと同様に女性ホルモン「エストロゲン」の作用がありますので、ホルモン感受性疾患の方は摂取に注意する必要があります。

注意事項!

・サイト内の各数値や情報に関しては、転記ミスや内容が古い場合もありますので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。

・サイト内の栄養素の効能等は、伝承による情報も含まれており、その内容を保証するものではありませんので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。
また、栄養素としての記述をしており、サプリメント等の効果を保障するものでもありません。

・当サイトの内容によって生じたトラブル等については一切の責任は負えません。

Copyright (C) 2008 MineralsNavigation. All Rights Reserved.