コラーゲンの効果を解説。

タンパク質の1種であるコラーゲンは、ハリのある肌作りに効果が高いため、美肌・美容サプリメントの中心的存在となっています。

詳細なコラーゲンの効果については下記サイトをご参照下さい。
http://www.collagen-bihada.com/

ハリのある美肌を作ります。

コラーゲンのハリを作る効果はみなさんもよくご存知だと思いますが、コラーゲンにはターンオーバーを活性化させる効果もあり、単にハリのある肌を作るだけではなく、美肌を作る為にも欠かせません。

関節痛の緩和に役立ちます。

美肌作りとともに、代表的な効果に関節痛の緩和があります。コラーゲンは、軟骨の主成分であり、その弾力性を持って関節にかかる衝撃を和らげています。
また、軟骨基質を1つに繋ぎ合わせる重要な働きもあり、健康で丈夫な軟骨を作り、関節痛の緩和に役立ちます。

血管を丈夫に保ちます。

コラーゲンは血管壁にも豊富に存在し、血管の弾力を保っています。また、傷ついた血管壁を修理する効果もありますので、若々しい血管に欠かせません。
コラーゲンの不足は、重度の場合、大航海時代に有名な壊血病を招くことになります。

コラーゲンを食品で摂る場合

動物性のタンパク質であるコラーゲンは、動物の骨や軟骨、魚の皮などに含まれています。

コラーゲンの摂取量等の定めはありませんが、1日1日5g程度を目安にすると良いとされています。
美容や健康目的であれば、少し多めに摂取すると良いでしょう。

コラーゲンを含む食品の多くは、脂肪を多く含むものが多いため、積極的な摂取は栄養バランスを崩す可能性があります。
その為、また、十分な量を摂取する為にも、サプリメントを利用すると良いでしょう。


欠乏症や過剰症、副作用

コラーゲンは、体を構成するタンパク質で不足は、肌のたるみやシワを招くだけではなく、体に様々な不具合が生じます。

ビタミンCが不足することで生じるとされている壊血病も、実際のところ体内のコラーゲンが不足することが直接の要因となっているのです。

コラーゲンは、タンパク質の1種である為、多少過剰に摂取しても問題はありません。
しかし、長期に渡る過剰摂取は、栄養バランスを崩す原因となってしまいます。

注意事項!

・サイト内の各数値や情報に関しては、転記ミスや内容が古い場合もありますので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。

・サイト内の栄養素の効能等は、伝承による情報も含まれており、その内容を保証するものではありませんので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。
また、栄養素としての記述をしており、サプリメント等の効果を保障するものでもありません。

・当サイトの内容によって生じたトラブル等については一切の責任は負えません。

Copyright (C) 2008 MineralsNavigation. All Rights Reserved.