ポリフェノールの効果を解説。

ポリフェノールは、5大栄養素・食物繊維に次ぐ栄養素として脚光を浴びており、植物が紫外線からその身を守る為の優れた抗酸化作用を持っています。

詳細なポリフェノールの効果・効能については下記サイトをご参照下さい。
http://www.sup-search.com/polyphenol/

動脈硬化を予防します。

赤ワインに含まれるポリフェノールが有名になった「フレンチ・パラドックス」を例にとってもわかるように、ポリフェノールの優れた抗酸化作用によって、動脈硬化をはじめとした生活習慣病の予防に役立ちます。

肌の老化を防ぎ、美肌作りをサポートします。

活性酸素は、肌を老化(酸化)させることで有名です。これは、コラーゲンを破壊してシワを作ったり、メラニン色素の発生を促しシミを作る為です。
ポリフェノールは、優れた抗酸化効果によって、活性酸素を抑制しますので、美肌のサポートに活躍します。

ガン予防に期待されています。

ガン細胞は、活性酸素によって細胞が突然変異することが大きな要因と考えられており、様々な抗酸化物質がその予防に期待されていますが、ポリノフェールは「天然の抗酸化物質は優れもの」と称されるほど強力な効果を持っています。

ポリフェノールを食品で摂る場合

ポリフェノールは、植物に含まれている色素や苦味成分ですので、色素の濃い食品(赤ワインやブドウ)、味の強い食品(カテキンやカカオ)などに含まれており、各ポリフェノールごとに含まれる食品が異なります。

ポリフェノールの摂取量等の定めはありません。

ポリフェノールは大自然からの贈り物とされるほど、私たちの体内で大切な効果をもっていますので、十分な量を摂取する為にも、サプリメントを利用すると良いでしょう。


欠乏症や過剰症、副作用

ポリフェノールは、必須栄養素ではない為、不足による欠乏症はありません。

しかし、現代人は活性酸素を増加させる様々な環境の中で生活をしていますので、健康維持や美容の為にポリフェノールの効果は必要と言われています。
また、イソフラボンのように生理作用に関与するものもあります。

ポリフェノールには、1日あたりの上限量は定められていません。
各ポリフェノールごとで摂取量や上限量が異なりますので、サプリメントなどを摂取する際は、目安量を守りましょう。

注意事項!

・サイト内の各数値や情報に関しては、転記ミスや内容が古い場合もありますので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。

・サイト内の栄養素の効能等は、伝承による情報も含まれており、その内容を保証するものではありませんので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。
また、栄養素としての記述をしており、サプリメント等の効果を保障するものでもありません。

・当サイトの内容によって生じたトラブル等については一切の責任は負えません。

Copyright (C) 2008 MineralsNavigation. All Rights Reserved.