グリシンの効果を解説。

グリシン(glycine)は、タンパク質を構成するアミノ酸の中で、最も単純な形を持つアミノ酸です。

昔から食品添加物(調味料や日持向上剤)として用いられてきましたが、近年では多様な効果に注目され、サプリメントとしても注目を集め出しています。

詳細なグリシンの効果・効能につしては下記サイトをご参照下さい。
http://www.sup-search.com/glycine/

睡眠レベルの向上に期待されています。

グリシンは睡眠に関与していることが知られていますが、最近、脳をクールダウンさせる作用を持つことから睡眠レベルを向上させる効果に期待されています。
グリシンを眠る前に摂取することで、深くグッスリ眠ることができ、朝の目覚めも爽快になるとされています。

美肌作りに役立ちます。

グリシンはコラーゲンを生成するアミノ酸の1/3を占めており、ハリのある肌作りに欠かせない成分です。
また、成長ホルモンの分泌を促しますので、ターンオーバーの活性化にも欠かせません。

ストレスの緩和し、リラックスに役立ちます。

精神安定効果を持つGABA(ギャバ)と同じ抑制性の神経伝達物質であるグリシンには、興奮した神経を安定させたり、ストレスを和らげる効果があります。

グリシンを食品で摂る場合

グリシンは、豚肉や鰹(カツオ)、車海老や干し海苔に多く含まれています。

非必須アミノ酸に分類されるグリシンは、体内での合成が可能な成分ですが、ストレスによって合成量が低下するとされています。

睡眠の質を高める効果に期待する際には、食品からだけでなく、サプリメントを利用してしっかり摂取すると良いでしょう。
また、その際の摂取タイミングは、就寝前が良いとされています。


欠乏症や過剰症、副作用

グリシンは、生命活動に欠かせないタンパク質構成成分ですので、不足は様々な不調を招く原因となってしまいます。

特に、コラーゲンの生成に関与していますので、肌のハリが無くなったり、軟骨や血管の弾力性が維持できなくなってしまいます。

グリシンには、1日あたりの摂取量や上限量は定められていません。

現在のところ副作用として、悪心や嘔吐、上部消化管の不調などがごく稀に起こる場合があると報告されています。

注意事項!

・サイト内の各数値や情報に関しては、転記ミスや内容が古い場合もありますので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。

・サイト内の栄養素の効能等は、伝承による情報も含まれており、その内容を保証するものではありませんので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。
また、栄養素としての記述をしており、サプリメント等の効果を保障するものでもありません。

・当サイトの内容によって生じたトラブル等については一切の責任は負えません。

Copyright (C) 2008 MineralsNavigation. All Rights Reserved.