コエンザイムQ10の効果を解説。

コエンザイムQ10は、抗酸化作用や疲労回復などの効能に期待されています。

特にコエンザイムQ10の抗酸化効果は強力で、アンチエイジングの為に化粧品などにも配合されています。

詳細なコエンザイムQ10の効果については下記サイトをご参照下さい。
http://www.q10-coenzyme.com/

細胞レベルで元気を作ります。

エネルギーの殆どは、細胞内にあるミトコンドリアという器官で生産されていますが、その際に、コエンザイムQ10が大量に使われています。コエンザイムQ10が不足すると、エネルギーを上手に作れなくない、疲れ易くなったり、動機や息切れを頻繁に起こすようになると言われています。

肌の若さを守ります。

アンチエイジング効果で有名なコエンザイムQ10は、強力な抗酸化作用を持って、肌の老化(酸化)を防ぎます。また、ビタミンCやビタミンEの抗酸化力を再生させる働きもありますので、アンチエイジングには欠かせません。

肥満を予防し、ダイエットに役立ちます。

コエンザイムQ10は、脂肪を燃焼させエネルギーを生産する働きがありますので、肥満予防やダイエット効果に期待されています。また、下半身(特に脚)の動脈を拡げ血流を改善する効果があり、脚のむくみを解消するとの実験結果もあります。

コエンザイムQ10を食品で摂る場合

コエンザイムQ10は、牛肉やイワシなどの食品に含まれています。

摂取量等の定めはありませんが、一般的には1日30mgを摂取すると良いとされていますが、その際には、牛肉1kg、イワシ12匹(1匹を約40gとして換算)が必要となります。

しかし、これらの量を毎日食品から摂取するのは難しい為、十分な量を摂取する為にも、サプリメントを利用すると良いでしょう。


欠乏症や過剰症、副作用

コエンザイムQ10は、加齢とともに生合成量が減少していきますので、各年齢で症状が異なります。

体内では、エネルギー生産や抗酸化作用に深く関与しているため、不足すると、肌の老化や疲労を招く原因となります。

コエンザイムQ10は、もともと体内で生合成される為、高用量でも副作用はでにくく、重篤な副作用は報告されていません。

コエンザイムQ10と高血圧薬の併用は、薬の作用が増強される可能性がある為、注意が必要です。

注意事項!

・サイト内の各数値や情報に関しては、転記ミスや内容が古い場合もありますので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。

・サイト内の栄養素の効能等は、伝承による情報も含まれており、その内容を保証するものではありませんので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。
また、栄養素としての記述をしており、サプリメント等の効果を保障するものでもありません。

・当サイトの内容によって生じたトラブル等については一切の責任は負えません。

Copyright (C) 2008 MineralsNavigation. All Rights Reserved.