食物繊維の効果を解説。

食物繊維は、腸内環境の改善やデトックスなどの効能に期待されています。

特に近年では、外側からだけでなく内側からの腸内美人を目指す女性が増え、食物繊維サプリメントの受容も高まっています。

詳細な食物繊維の効果・効能については下記サイトをご参照下さい。
http://www.sup-search.com/dietary-fiber/

動脈硬化などの生活習慣病を予防します。

食物繊維は、胆汁酸やコレステロール、ナトリウムなどの排出を促進し、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病の予防に期待されています。

腸内環境を整えます。

水溶性食物繊維は腸内の善玉菌を増やし、不溶性食物繊維はぜん動運動を活発にすることで、腸内環境を改善します。
どちらの食物繊維も、腸内環境を整えるために大切です。

水溶性食物繊維。

炭水化物の消化・吸収を緩やかにする水溶性食物繊維は、ダイエットに役立ちます。
また、食後血糖値の上昇を抑えて、糖尿病の予防にも役立ちます。

不溶性食物繊維。

老廃物や有害ミネラルの排出を促すことで、デットクスに役立ちます。
また、発ガン性物質の排出を促す働きもあり、大腸ガンの予防にも期待されています。

食物繊維を食品で摂る場合

食物繊維は、いんげん豆や小豆などの豆類、パセリやごぼう、シソやゆりねなどの食品に多く含まれています。

摂取量等の定めはありませんが、男性(18歳以上)19g、女性(18歳以上)17gが目標量とされています。

しかし、これらの量を毎日食品から摂取するのは難しい為、十分な量を摂取する為にも、サプリメントを利用すると良いでしょう。


欠乏症や過剰症、副作用

食物繊維は、栄養価としては特に必要ではありませんので、特に欠乏症はありません。

ただし、体内の不要物を吸着して体外へ排出する効果を持つことから、現在では第6の栄養素として、重要な栄養素とされています。

食物繊維は、過剰に摂取すると下痢を引き起こすことが知られています。

長期に渡る過剰摂取は、腸での栄養吸収を低下させるだけでなく、カルシウムや鉄分などを吸着して吸収を妨げてしまいます。

注意事項!

・サイト内の各数値や情報に関しては、転記ミスや内容が古い場合もありますので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。

・サイト内の栄養素の効能等は、伝承による情報も含まれており、その内容を保証するものではありませんので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。
また、栄養素としての記述をしており、サプリメント等の効果を保障するものでもありません。

・当サイトの内容によって生じたトラブル等については一切の責任は負えません。

Copyright (C) 2008 MineralsNavigation. All Rights Reserved.