コンドロイチンの効果を解説。

コンドロイチンは、関節痛を緩和する効能に期待されています。

コンドロイチンの関節への働きは、グルコサミンと同時に摂取することで、飛躍的にその効果が向上すると言われています。

詳細なコンドロイチンの効果については下記サイトをご参照下さい。
http://www.e-chondroitin-supplement.com/

関節痛を緩和します。

コンドロイチンは、軟骨に水分と栄養を届けて丈夫な軟骨の生成を助けるだけではなく、プロテオグリカンの材料となり生成を促進するなど、軟骨における様々な効果を持っていますので、関節痛の緩和に期待されています。医薬品としての使用も認められています。

動脈硬化を予防します。

コンドロイチンは、血液中のコレステロールの増加を防ぐだけでなく、血管壁にコレステロールが沈着するのを抑える効果もありますので、血管を丈夫に保ち、動脈硬化の予防に期待されています。

骨粗鬆症を予防します。

骨はコラーゲンを柱に、カルシウムなどの無機質が沈着してできていますが、その際に、コラーゲンにカルシウムを糊付けしているのがコンドロイチンですので、他の栄養素を同様に骨粗鬆症の予防に大切です。

潤いのあるキレイな肌を作ります。

コンドロイチンは、驚異的な保水力をもって体内の水分をしっかり保持するだけでんなく、コラーゲン繊維を正常に保ち、肌の弾力を維持する役割もありますので、美しい肌作りにも効果があります。

コンドロイチンを食品で摂る場合

コンドロイチンは、鶏の軟骨や骨、サメの軟骨、フカヒレやアワビなどの食品に含まれています。

特に、熊の手の平、鶏冠、クジラの脳軟骨、サケの鼻軟骨、鹿茸などに多く含まれています。

しかし、これらの食品を日常的に摂取するのは、なかなか難しく、また食品には少量しか含まれない為、十分な量を摂取する為にも、サプリメントを利用すると良いでしょう。


欠乏症や過剰症、副作用

コンドロイチンは、加齢とともに生合成量が減少していきますので、各年齢で症状が異なります。

基本的には、グルコサミンと同様に節々に痛みが起こったり、関節痛やリウマチの原因になると言われています。

コンドロイチンは、もともと体内で生合成される為、重篤な副作用は報告されていません。
しかし、稀に副作用として、上腹部痛や吐き気を起こす場合があるとされています。

また、喘息患者は症状を悪化させるかもしれないので、注意することとされいます。

抗凝固薬や抗血小板薬などの医薬品との併用は、出血を高める可能性がありますので、医師等に相談の上、摂取しましょう。

注意事項!

・サイト内の各数値や情報に関しては、転記ミスや内容が古い場合もありますので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。

・サイト内の栄養素の効能等は、伝承による情報も含まれており、その内容を保証するものではありませんので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。
また、栄養素としての記述をしており、サプリメント等の効果を保障するものでもありません。

・当サイトの内容によって生じたトラブル等については一切の責任は負えません。

Copyright (C) 2008 MineralsNavigation. All Rights Reserved.